PowerPoint 
グリッド機能の活用
PowerPointには、オートシェイプの図形やテキストボックスなどを配置するときに一定のグリッドに沿って配置できるグリッド機能があります。グリッドを活用すると図形どうしの位置が合わせやすくなります。
グリッド機能を使うと、等間隔の配置・サイズや位置の揃え・図形を合わせることなどが行いやすくなる

PowerPoint 2010・2013の設定方法
(PowerPoint 2007の場合はこちらです)

スライド上の適当な位置で【右クリック】、ポップアップウインドウから【グリッドとガイド】を選択し、[グリッドとガイド]ダイアログボックスを開きます。
  right click
ダイアログボックスの[位置合わせ]内の[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]をクリックし、チェックを入れます。OKボタンを押してダイアログボックスを閉じます。
  grid window

▲ページの先頭へ戻る

PowerPoint 2007の設定方法
(PowerPoint 2010・2013の場合はこちらです)

リボンの[ホーム]の[配置]をクリックして、[配置]から[グリッドの設定]をクリックします。[グリッドとガイド]ダイアログボックスが表示されます。
 
[グリッドとガイド]ダイアログボックスの[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]にチェックを入れます。[OK]ボタンを押してダイアログボックスを閉じます。
 

▲ページの先頭へ戻る

Copyright© 2018 codos corporation