PowerPoint
頂点の編集を利用して曲線図形を作成
使いたいオブジェクト図形が見あたらない場合は、図形を作りましょう。ここではすでに用意してあるオブジェクト図形から、曲線のオブジェクト図形を作成していきます。曲線のオブジェクト図形を作る時に活躍する機能が、[頂点の編集]です。[頂点の編集]機能を中心に紹介します。用意する図形の作成方法がわからない場合は、「左右対称の直線図形を作成」を参照してください。
注) 図に表示されているグリッド線は説明をわかりやすくするために記載したものです。実際の表示とは異なります。

PowerPoint 2007の設定方法
(説明はPowerPoint 2007ですが2010や2013も項目はほぼ同様です)

用意した図形を右クリックして[頂点の編集]をクリックします。頂点が黒い四角で表示されて[頂点の編集]モードになります。
 
図形の頂点を右クリックし、[頂点を中心にスムージングする]をクリックします。
 
頂点でカーブした形になり、黒い頂点から白い四角のハンドルがついた棒が表示されます。この白い四角のハンドルでカーブをコントロールします。[Shift]キーを押しながら白いハンドルを調整します。
 
その他の頂点もクリックして、白いハンドルを調整します。
 
注) 右クリックしてメニューに[頂点の編集]ボタンがない場合は、リボンの[描画ツール]の[書式]の[図形の編集]ボタンの中の[フリーフォームに変換]を行ってから、[頂点の編集]作業を行います。また、フリーフォームに変換できないオブジェクト図形としてコネクタがあります。
参考) 頂点の編集機能によるハンドルの動きの違い
 

▲ページの先頭へ戻る

Copyright© 2018 codos corporation