Excel
セルとグラフ・オートシェイプの位置関係
Excelデータを加工しているとセルの増減に伴い、グラフやオートシェイプのサイズが変わったり、位置がずれてしまったりします。そんな時は[オブジェクトの位置関係]の機能を知っておくと便利です。

Excel 2010・2013の設定方法(Excel 2007の場合はこちらです)

グラフの場合は外枠をダブルクリックまたは右クリックから[グラフエリアの書式設定]選択してして、書式設定ダイアログボックスを表示し、プロパティを選びます。オートシェイプの場合右クリックで[オートシェイプの書式設定]を表示して[プロパティ]を選びます。
  • グラフの場合:[グラフエリアの書式設定]ダイアログボックスが表示されるので、[プロパティ]タブを開きます。
  • オートシェイプの場合:[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスが表示されるので、[プロパティ]タブを開きます。
  property
[オブジェクトの位置関係]から任意のものを選びます。
  property2
 
[OK]ボタンを押します。

▲ページの先頭へ戻る

Excel 2007の設定方法(Excel 2010・2013の場合はこちらです)

グラフもしくはオートシェイプをクリックして選択します。
  • グラフの場合:[グラフツール]の[書式]タブの[サイズ]の右下のボタンをクリックします。
 
  • オートシェイプの場合:[描画ツール]の[書式]タブの[サイズ]の右下のボタンをクリックします。
 
[サイズとプロパティ]ダイアログボックスが開きます。[オブジェクトの位置関係]から任意のものを選びます。
 
 
[閉じる]ボタンを押します。

▲ページの先頭へ戻る

Copyright© 2018 codos corporation