第1回 情報のブロック化
面を使って、情報をかたまりとして捉える

みなさんの作ったドキュメントを見せていただくと・・・

文章や図、写真が入り組んだ状態で詰め込んであるので、この図はどこの説明用なのかわからなかったり、この文章とこの文章は主従関係にあるのか対等の関係にあるのかわからなかったりすることが多いです。本来は1ページに収める情報を絞り込んで、オーバーした情報は次ページへ送るのが良いのですが、どうしても分けられないページもあります。

そこで、Point of デザイン!

まず、それぞれの情報を内容によってグループ分けします。情報A 、情報B 、情報Cといった具合です。そして、各グループをそれぞれを色面を使ってブロック化していきます。情報の下に座布団を敷いていく感じです。そうすることによって、各情報がどのような関係になっているかを、ぱっと見たときにすぐにわかるようになります。見る人の解読する手間が省け、情報伝達のスピードが早くなります。
Copyright© 2018 codos corporation